バナー詳細

屋根って何?

屋根は雨風や強い太陽光から住まいを守る大切な役割を果たしています。 屋根のおかれている環境は、住まいの中でもっとも過酷な状況にあります屋根(屋根材)には様々な条件が求められます。
 
建物の外観としてのデザイン性はもちろんのこと、生活環境や建物の寿命に関わる重要な要素が多く含まれているのです。
 
雨から守る

雨の多い日本において、雨対策は必須条件。雨漏りを放置しておくと、建物内の湿度調整が上手くいかなくなり、生活が不快になるだけでなく、柱、内外壁、外壁を腐食させ、更には耐震性の低下、そして建物自体の寿命を縮めることとなってしまいます。
風から守る

台風の多い日本、そして近年の異常気象により、今まで以上に風対策を意識しなくてはならなくなってきました。屋根は形状・釘穴位置など、耐風性を十分に考慮し設計された製品を使用し、ズレや剥がれ、落下を防ぐため、1 枚1 枚しっかりと固定する必要があります。
陽射しから守る

建物の屋根は、陽射しを直接受け、常に外気と触れています。その屋根の断熱性を高め効率的にすることで、夏の室温上昇を最低限に抑え、冬においても快適な室温を保つ手助けを担っています。断熱性をしっかりと行なうことで、屋根裏の結露を防ぎ、耐久性を上げることにもつながります。
 
TOP