2021年4月から葺き替えが値上げになります 京都の屋根の専門家

ご案内, 屋根工事, 屋根修理, 屋根リフォーム, 葺き替え,

2021年4月から葺き替えが値上げになります 京都の屋根の専門家

2021年4月1日からアスベスト関連の法改正により行政手続きが複雑になる為、屋根の葺き替え費用が値上げになります。
アスベストが含まれていない葺き替えも同様ですので、お早めにご検討ください。

当社のご紹介

1866年(慶應2年)に創業し、屋根の専門家としてJA様・公務員福利厚生団体様・寺社仏閣様にご利用いただいております。
京都全域で雨漏り修理・屋根リフォーム(葺き替え)・カバー工法・雨樋の修理・簡単な屋根修理・屋根工事・屋根塗装を行っています。防災・耐震・耐風工法に対応しております。

法改正について

大気汚染防止法の一部を改正する法律」が2020年6月に公布され、続いて「石綿障害予防規則等の一部を改正する省令」が2020年7月1日に公布されました。
これによりほぼ全ての解体・改修工事で、事前調査や結果報告が義務化されます。
詳細については、施行通知(厚生労働省が作成中)により定められます。

2021年4月1日から順次、施行されます。

ほぼ全ての葺き替え工事が対象

この法律はアスベスト(石綿)の有無に関わらず「一定規模以上の工事」が対象になる為、日本瓦屋根や金属屋根の葺き替え等も対象になります。
つまり大半の解体・改修工事で、事前調査や結果報告が義務化されます。

また、危険が比較的低い(石綿障害予防規則でレベル3)古い化粧スレートも調査結果報告の義務が追加されます。

一定規模以上の工事とは

「請負代金が100万円以上の改修工事と、解体する工事部分の床面積の合計が80㎡以上の解体工事」を指します。
これには足場設置費用等が含まれる為、大半の葺き替え工事が該当します。

カバー工法について

カバー工法は、アスベストが飛散しにくい工事方法です。

現在、厚生労働省で検討中ですが、法律の対象となる工事に含まれない可能性があります。

2021年4月から葺き替え費用が値上げ

アスベスト関連の法改正により行政手続きが複雑になる為、屋根の葺き替え費用が値上げになります。
アスベスが含まれていない葺き替えも同様です。

カバー工法については、厚生労働省の検討に依ります。

最大40万円の葺き替え補助

京都府では、屋根の葺き替えに補助金がご利用いただける場合があります。
自治体により補助内容が異なりますので、詳細は当社までお気軽にお問い合わせください。

まずは、専門家にご相談ください

点検・御見積もりは無料です。お気軽に当社までご相談ください。
創業150年の当社は、無理な営業も致しません。

関連記事一覧