梅雨に備えて屋根点検 コロナウイルスによる外出自粛をきっかけに

ご案内, 災害

梅雨に備えて屋根点検 コロナウイルスによる外出自粛をきっかけに

やっと春らしい気候となりましたが、コロナウイルスの終息が見えず不安な日々が続いております。
私たち一人一人が外出の自粛・手洗い・うがい・3密を避ける行動が求められています。
当社がある南丹市では感染者数は0人ですが、京都府では非常事態宣言を受けて外出を自粛し、ご自宅で過ごす時間が多くなった方も多いのではないかと思います。

もうすぐ梅雨になり、雨が続くと憂鬱な気持ちにもなりやすいですが、屋根にとっては嬉しい時期になります。
不謹慎かもしれませんが、“雨漏り”が発見しやすくなるからです。
また、外出自粛により自宅での時間が増え、日頃気に留めていなかったお住まいや屋根が気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

梅雨時期の屋根点検の意味

梅雨時期を過ぎると台風が多くなります。
屋根に不具合がある状態で梅雨になると、雨漏り・木材(野地板・垂木の浸食)や天井が水に濡れるなどの大規模修繕が必要な被害を受けてしまう可能性もあります。
そのような事態を未然に防ぐ為にも、梅雨の到来前のメンテナンスは大変意味のあるものだと考えております。

ご自身でできる屋根点検

弊社のHPにも簡単なチェックリストがありますので、ご参考になさってください。
本来はお庭や道路からチェックいただきたいのですが、2階の窓から1階の屋根をご覧いただくだけでも効果があります。

専門家による屋根点検

緊急事態宣言を受けて、当社では“お会いせずに”屋根診断を行っております。
当社は南丹市・亀岡市・京都市・長岡京市・大山崎町・向日市・京丹波町を中心に、京都府全域で雨漏り修理、樋の修理、屋根工事や屋根リフォーム(葺き替え)、簡単な修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)を行っています。

あくまで緊急事態への対応です。
緊急事態宣言が終了しましたら、通常の屋根点検をご検討ください。

更新日:2020/05/08

関連記事一覧