屋根修理の費用について

ご案内, よくあるご質問

屋根修理の費用について

おそらく、屋根の修理・雨漏り修理をご検討されるのは初めてのご経験ではないでしょうか。
当記事では、費用の計算方法についてご説明いたします。

【新築の場合】国の見積もり基準

当社では国の基準をもとに、現場状況を考慮し、御見積りを作成しています。

引用:国土交通省 『営繕積算方式』活用マニュアル

分かりにくいですので、単純化しますと、

御見積価格=足場代+実際の工事代金(材料費+職人の人件費)+現場監督の人件費+事務部門の人件費

となります。

【修理の場合】新築と同じです

勿論工事内容は異なりますが、新築と同じく、

御見積価格=足場代+実際の工事代金(材料費+職人の人件費)+現場監督の人件費+事務部門の人件費

となります。

屋根以外も壊れていませんか

屋根の下の骨組み(垂木)・屋根材料を固定する木材(野地板)・防水シート(ルーフィング)・雨樋など他の部分は壊れていませんか。
屋根を修理する場合は、どうしても関連する部分の修理が必要になってしまいます。

結局、いくら?

ここまでご覧いただいた方には申し訳ありませんが、一言で説明してしまうと不誠実になりますので、お示しできません。
勿論、上記の基準で計算しますと、修理方法Aなら1箇所あたり1,200円/・修理方法Bなら1箇所あたり800円と細かく計算可能です。

しかし、病気の治療と同じで、実際の屋根を点検してみませんと「どんな修理(治療)を何箇所すれば良いのか」が分かりませんので、お示しできません。

点検・御見積りは無料ですので、
正確な金額をお知りになりたい方は、当社までお問合せください。

問い合わせる

悪徳業者にご注意

残念ながら悪徳業者が多いのも事実です。
国民生活センター 訪問販売によるリフォーム工事・点検商法をご覧ください。

10万円の工事を200万円で行う悪徳業者もいますので、ご注意ください。

 

関連記事一覧