我が家の屋根診断

  • HOME
  • 我が家の屋根診断

屋根の困りごと110番

普段はほとんど気にすることがない屋根ですが、ひとたびトラブルが起きると大変。
屋根や住居へのダメージ、修理費用や信頼できる業者選びまで、あなたの頭を悩ませます。
そうなる前に、まずはご自身の建物の屋根をセルフチェックしてみましょう。

屋根材共通チェック


詳しく見る

日本瓦


詳しく見る

スレート・セメント瓦


詳しく見る

アスファルトシングル


詳しく見る

金属屋根材


詳しく見る

我が家の屋根診断(セルフチェック)

診断1 屋根建材共通チェック

屋根材には様々な種類がありますが、ここでは多くの屋根材などに見られる点検・修繕のリフォームサインを紹介します。

屋根を見上げてみてください。何が見えますか?
このページを使って簡単にチェックしてみましょう。ちょっとでも気になる点が見つかればご相談ください。

※危険防止のため、この“屋根診断(セルフチェック)”は絶対に屋根に上がらず、安全な場所で行ってください。

築10年以上の住宅で1度も点検・修理をしていない

屋根は雨や風、雪、日射(紫外線)など常に過酷な自然環境にさらされており、人間と同じで定期的な“健康診断”が必要です。見た目には変わらなくても、屋根の木材や防水シートが老朽化している可能性があります。10年目の点検は一つの目安です。

地震や台風など(暴風・強風を含む)を経験した

台風や地震などの揺れは、屋根の見える部分だけでなく、見えない部分にもダメージを与えることがあります。例えば強風で屋根材が繰り返し動かされると、留めてある釘が浮き上がることがあります。また、地震で屋根材が動くこともあります。これらは雨漏りの原因となります。

枯れ葉が落ちたり、屋根に鳥がよくやって来たりする

屋根材の間の枯れ葉やホコリなどは水を吸い込み、雨漏りの原因となります。鳥の糞に含まれている植物の種が発芽し、屋根に草を生やしてしまうこともあります。枯れ葉が雨樋にたまると排水を妨げ、写真のように樋から雨漏りを起こすことにもなりかねません。

屋根にエアコンの室外機や太陽熱温水器・ベランダなどがある

屋根に他の設備がしっかりと設置されていないと、屋根材がズレたり、破損したりします。そうした設備を取り付ける際に、屋根に詳しくない他の業者が歩いた場合でも屋根にダメージを与えて雨漏りにつながることがあります。

天井や壁に雨漏りと思われるシミがある

この写真のようなシミは、屋根からの雨漏りによって発生することもありますが、室内と室外の温度差によって発生する屋根裏の結露によるもの、壁からの染み出しによるもの、さらに動物の排泄物などが原因ということもあります。

屋根を塗り替えて5年以上1度も点検していない

そもそも屋根を塗り替えた時点で老朽化が進んでいたということです。そのままの状態で再度の塗り替えを行うことはおすすめしません。写真のように塗装面に不具合が生じ、雨漏りの原因になることも少なくないからです。塗装面の不具合は遠目ではわからない場合があります。

1つでも該当すればぜひご相談ください

診断2 日本瓦編

粘土を成形して焼き固めた屋根材で、日本で最も多く使われています。和瓦と言われることも。製法の違いによりいぶし瓦、陶器瓦、無釉瓦などがあり、形状も和形、平板など多彩です。

草やコケが生えている

瓦の隙間に雑草や草花が生え出したらいますぐプロによる点検・修理の必要があります。植物の根っこは屋根の裏側にまで達し、雨水がその根っこを伝って天井裏に浸入してしまい、雨漏りの原因になることがあります。

土や漆喰などが崩れている

瓦屋根に使われている土や漆喰は、瓦を屋根に固定する材料や補助剤として使われます。写真の漆喰は内部の土に雨水が当たらないように、また土が外から見えないように表面をふさいでいます。この漆喰が崩れていると雨漏りの原因となることがあります。

ズレ・脱落・ヒビ・割れなどがある

写真のように瓦に脱落などがある場合はいますぐプロによる点検の必要があります。雨漏りの原因になるばかりか、台風や地震が発生した際に被害が拡大する可能性もあります。これは老朽化や専門外の人が屋根の上を歩くことで起こります。

耐震性が心配

瓦業界では大型の台風や地震を考慮した「瓦屋根標準設計・施工ガイドライン」を定めています。国立研究開発法人建築研究所で行われたガイドラインに基づく工法の実験では、阪神・淡路大震災の震度7にも耐える耐震性がありました。ご自宅の屋根が対応しているか不安な場合は、ご相談ください。

屋根材の重なりが何かでふさがっている

この写真のようにコーキング材などで瓦の隙間を埋める工法は、雨漏りにつながる可能性があります。瓦裏面の通気が妨げられて瓦裏が結露したり、雨水などを逃す場所がなくなったりするからです。

針金のようなもので瓦をくくっている

瓦は、屋根と一体化して固定されている状態が望ましいのですが、写真のように屋根頂部の瓦だけを針金などでくくっただけでは屋根と一体化していない可能性があります。そういった場合には大きな地震などで崩れることがあります。

1つでも該当すればぜひご相談ください

診断3 化粧スレート・セメント瓦編

化粧スレートはセメントや有機繊維を主原料とし、板状などに成形した屋根材。セメント瓦はセメントと砂を原料としたモルタルをプレス成形した屋根材。それぞれ全く違う素材ですが、チェックポイントは共通です。

色があせている

古くなった屋根に見られる代表的な相談のサイン。写真のように塗装面が色あせると屋根の美観が損なわれます。老朽化が進んだ屋根に不用意に上がると割れることもあり、いますぐプロによる点検・修理の必要があります。

アスベスト(石綿)含有の可能性

スレート屋根の場合、極端に劣化しない限りはアスベストが含有されていても、すぐに危険というわけではありません。ですが、危険性を完全になくすには屋根リフォーム(屋根葺替えもしくは屋根カバー工法)を行うのがベストです。

サビや穴があいている

化粧スレートの屋根では金属を使った部分があります。年月を経ると金属部分にサビが発生し、そのまま放置しておくと雨漏りを発生させる原因にもなります。特に棟の部分は中の木材が腐食して固定する力が弱まり、風による被害も発生しやすくなります。

コケが生えている

日当たりが悪かったり、風通しが悪い場所など家の立地や向きによっては写真のように屋根面にコケなどが生えて雨水を引き込んでしまったり、屋根の美観を損ねることになります。場合によっては屋根材そのものを痛める可能性もあります。

ズレ、脱落、ヒビ、割れなどがある

写真のようにセメント瓦のズレや破損は雨漏りの原因になるばかりか、台風や地震によって被害が拡大する可能性があります。一方の化粧スレートは平たいので見た目ではわかりにくいのです。

屋根材の重なりが何かでふさがっている

化粧スレートの重なる部分の隙間を塗料か何かが埋めてしまうと、雨水を逃す場所がなくなり、雨漏りにつながる可能性があります。屋根塗装の失敗などがこれに当たります。こうなると化粧セメント、スレート瓦1枚ずつ塞がった部分をカッターなどで開けていく必要があります。

釘が浮いている

化粧スレート屋根の場合、老朽化で金属部分を留めている釘が浮いてしまうことがあります。中の木材が腐って固定する力が弱まっている場合が多いので、そのまま放置しておくと台風などの強風で金属部分が飛んでしまう可能性があります。

1つでも該当すればぜひご相談ください

診断4 アスファルトシングル編

ガラス繊維基材にアスファルトを含浸・コーティングし、スレート砂や彩色焼成砂を圧着して製造するのがアスファルトシングルです。柔軟性のある屋根材のため、曲面の屋根にも使用しやすい屋根材です。

色があせている

古くなった屋根に見られる代表的な相談のサイン。表面が色あせると屋根の美観が損なわれます。剥がれを起こす可能性も高いので一度ご相談ください。

剥がれている箇所がある

アスファルトシングルで1番の問題になるのは剥がれです。雨水の侵入で下地を痛めて雨漏りの原因にもなりますし、一部が剥がれると台風時に一気に剥がれることもあります。剥がれを発見された場合はすぐにご相談ください。

コケが生えている

日当たりが悪かったり、風通しが悪い場所など家の立地や向きによっては写真のように屋根面にコケなどが生えて雨水を引き込んでしまったり、屋根の美観を損ねることになります。場合によっては屋根材そのものを痛める可能性もあります。

釘が浮いている

アスファルトシングル屋根の場合、留めている釘が浮いてしまうことがあります。中の木材が腐って固定力が弱まっている場合が多いので、そのまま放置しておくと台風などの強風で飛んでしまう可能性があります。

1つでも該当すればぜひご相談ください

診断5 金属屋根材編

ガルバリウム鋼板などを成形した屋根材。

色あせやサビがある

古い金属屋根によく見られるのですが、屋根材表面に発生する塗装面の色あせや、塗装面がはがれて金属面に発生したサビが相談のサインです。サビは進行すると穴があいて雨漏りの原因になります。

塗装のはがれ

古くなって色があせ、サビた金属屋根材を再塗装する場合、まずサビをきれいに落とすなどの下処理が必要です。これを怠って再塗装すると、後に写真のように塗装部が剥がれることがあります。

歪み、へこみなどがある

写真のように屋根面がへこんだり歪んだりしている場合は、そこから雨水が浸入したり強風により屋根材を飛ばしてしまう可能性があります。

釘が浮いている

老朽化などによって屋根の一部の釘が不自然に浮いている場合、放置しておくとそこから雨水が浸入したり、台風などの強風が入り込んで屋根材を飛ばしてしまったりする可能性があります。

雨音がする

大雨が降った時、雨粒が屋根面に当たって音が発生し、うるさく感じることがあります。特に昔のトタン屋根(10年以上前のもの。また、現在も安価なもの遮音材がありません)などの場合、遮音性に劣る工法が多いようです。音は屋根の勾配、断熱材の有無などによって異なります。

部屋が暑い

夏の日差しを受けて屋根面が熱くなり、その熱が部屋の温度も上げてしまうことがあります。特に昔のトタン屋根(10年以上前のもの。また、現在も安価なもの断熱材がありません)などの場合、断熱性に劣る工法が多いようです。

1つでも該当すればぜひご相談ください