清水寺のご本堂の屋根が新しくなりました 平成の大修理

歴史, 京都, , その他

清水寺の本堂の屋根が新しくなりました 平成の大修理

創業150余年の当社は、京都全域で雨漏り修理・屋根リフォーム(葺き替え)・カバー工法・雨樋の修理・簡単な屋根修理・屋根工事・屋根塗装を行っています。JA様・公務員福利厚生団体様・寺社仏閣様にご利用いただいております。 防災・耐震・耐風工法に対応しています。

2020年2月下旬に、国宝で清水の舞台とも言われる清水寺のご本堂の屋根が新しくなりましたので、同じ屋根に携わるものとしてご案内します。
コロナウイルスの影響が収束しましたら、桜や紅葉が美しいところですので、お花見や紅葉狩りにいかがでしょうか。

瓦ではなく、檜皮ひわだ屋根です

お寺ですので日本瓦と思われる方が多いかもしれませんが、ひのきの樹皮=檜皮ひわだが使用されています。

檜皮葺ひわだぶきと呼ばれ、檜皮を密に重ねて屋根を覆う方法です。
職人は、檜皮葺師ひわだぶきしと呼ばれます。

日本瓦は、瓦葺かわらぶきと呼ばれ、粘土を焼成した陶器で屋根を覆う方法です。
職人は、瓦葺師かわらぶきしと呼ばれます。

今回の工事は、前回の葺き替え(1964~67年)と同じく京都で約300年間続く有限会社宮川屋根工業さんがご担当されました。

総事業費は40億円・屋根だけで1.9億円

平成の大修理は、総事業費が約40億円でした。
ご本堂の屋根の面積は約2,050㎡で、国内最大級の規模です。
屋根だけでも修理費用が192,240,000円となり、やはり国宝保護には大きな費用が必要になるようです。

守るべき伝統技術

檜皮葺きは、素材の性質上、おおよそ三十年ごとに葺き替えなければならないものですが、職人と材料不足が課題になっています。

現存する法人は、公益社団法人全国社寺等屋根工事技術保存会によると京都で2社となりました。
なお、類似した伝統技術の茅葺かやぶきの場合は3社です。

また、材料である檜皮採取を行う原皮師もとかわしの後継者不足も著しく、国会でも議題になったほどです。

同じく伝統に関わるものとして、すばらしい日本文化は次世代に伝えていきたいものです。

関連記事

関連記事 一覧

関連記事一覧