屋根修理の押し売りに注意!断り方について

ご案内, CSR, その他

屋根修理の押し売りに注意!断り方について

全てではありませんが、突然訪問してくる業者の多くは悪徳業者です。
遠慮なく188や110にお電話してご相談してください。

まずは居留守

居留守やインターホン越しに対応して、業者に直接会わないようにしてください。
対面しなければ悪徳業者は何もできません。

消費者ホットライン(局番無しの188)

「話を聞いてみたけど、不安だな。」と感じた場合は、消費者ホットライン(局番無しの188)に電話してください。
188にお電話されると、地方公共団体が設置している消費生活センターや消費生活相談窓口に繋がります。

警察(110番)に電話

警察(110番)・悪質商法110番(075-451-9449)・最寄りの警察署や交番等にお電話してください。

引用:京都府警察本部HP

「悪質商法110番」 24時間対応

電話 075-451-9449 (ヨイヒト クラシヨク)

  •  悪質商法については、
    • 「無料点検です」と訪問し、屋根や床下を点検、「瓦がずれている」、「床が落ちる」などことさらに不安をあおり、不必要な工事契約等を勧誘する。
    • パンフレットが送られてきた後、証券会社や他の会社の社員をかたる者が、電話で「儲かる」、「高く買い取る」などとことさらにうまい話をしてお金を振り込ませようと勧誘する。

など、いずれも高齢者が狙われています。

  • 「悪質商法」等の被害に遭わないためには、悪質業者の手口を知り、必要のない商品等の購入契約、身に覚えのない請求、うまい儲け話には、き然とした態度ではっきりと断ることが大切です。

契約やお金を振り込む前に、一人で悩むことなく、すぐに「悪質商法110番」か最寄りの警察署、交番等にご相談ください。

お問合せ

京都府警察本部生活保安課
電話番号:075-451-9111

万が一契約してしまった場合は、クーリングオフ

8日以内に葉書を送れば、無条件で解約(解除)できます。

セカンドオピニオンのご相談なら当社へ

当社は1866年(慶應2年)に、京都で日本瓦の窯元として創業しました。現在は、寺社仏閣の日本瓦はもちろん様々な新しい屋根材に対応しております。
雨漏り修理・屋根リフォーム(葺き替え)・ガイドライン工法・カバー工法・雨樋の修理・簡単な屋根修理・屋根工事・屋根塗装を行っています。

創業150年の当社は、無理な営業も致しません。

主な提携先

JA全農(全国農業協同組合連合会)・(一財)京都府警察職員福利厚生会・(一財)京都府職員互助会・(一財)京都市職員厚生会・(一財)滋賀県教職員互助会・(一財)滋賀県退職教職員互助会・(一財)滋賀県市町村職員互助会・滋賀県職員生活協同組合・(公財) 京都中小企業振興センター・滋賀県勤労者互助会連合会・(公財)兵庫県勤労福祉協会・(株)リロクラブ・(株)ベネフィット・ワン

関連記事一覧

Click to Hide Advanced Floating Content