京都で購入できる防災グッズ・防災用品・非常食

ご案内, 災害, CSR

京都で購入できる防災グッズ・防災用品・非常食

京都府在住の方向けに、京都府内で防災グッズ・防災用品・非常食を購入できるお店をご紹介します。

避難所用紙管パーテーション

コロナ対策・プライバシーを確保する間仕切り(更衣室・トイレ・授乳室等)にご利用いただけます。

 

非常食の加熱に。水を入れるだけでお湯が沸く?

どこでもアツアツの食事ができる魔法のバッグ「ホットプラス マルチウォームバッグ」です。

HOTPLUS ホットプラス マルチウォームバッグは発熱剤と水だけで「湯沸かし」「食品の温め」ができ、「給水袋」としても使えるマルチバッグです。特許出願済の特殊2層構造で発熱剤と食材が触れることがなく、レジャーアウトドア、災害などの非常時でも極めて衛生的にアツアツの食事をとることができます。 レジャーを今よりもっと手軽に。防災備蓄品として「身近な防災」を可能にします。

避難所向け簡単組み立てダンボールベッド

耐荷重450KGで頑丈設計。6人が座っても大丈夫な段ボールベッドです。 コンパクトで収納し易く、災害時には、大人1人でもガムテープ無しで、わずか10分で組み立てが可能です。

◆ 東京都帰宅困難者対策条例
この条例は、災害時に一斉帰宅を抑制することを目的とする条例で、都民には「災害時にむやみに移動を開始しない」ことを、そして事業者の方には、
①施設の安全を確認した上で、従業員を事業所内に留まらせること
②必要な3日分の水や食料などの備蓄に努めること
等を求める条例です。

非常用 長期保存水 5年・6年・7年・10年

通常、小売店や量販店で出回っている水の賞味期限は2年ですが、この水は5年~10年です。

災害初期段階にはライフラインが断たれ電気・ガス・水道が使用できなくなる可能性が考えられます。
蓄えておく事が出来にくい電気・ガスとは違い、水は保存が出来ます。生命の維持、食べ物の調理、衛生面での使用と命に関わる側面が強いのでなおさら保存しなければいけません。

京都で防災グッズ・防災用品・非常食を購入できるお店

防災グッズ・防災用品・非常食のご購入については、下記にご相談ください。

災害備蓄万全安心館(萬友商事株式会社)
営業時間:9:00~18:00
定休日:不定休
所在地:〒619-0215 京都府木津川市梅美台5丁目10番11

販売専門店HP

お電話

メール

関連記事

 

関連記事一覧