【全国初】ふるさと納税で屋根修理・雨漏り修理 京都府南丹市

雨漏り, ご案内, 屋根工事, 屋根修理, 屋根リフォーム, 葺き替え, 京都,

【全国初】※1 ふるさと納税で屋根修理・雨漏り修理 京都府南丹市

全国で初めて※1、ふるさと納税で空き家・実家を修理やリフォームできるサービスを2020年8月13日より提供しております。修理対象は、屋根を含めた全ての部位です。

このサービスを通じてこれらの社会問題を解消・予防に貢献することが、1866年に京都で創業し154年間ふるさとの皆様にご愛顧いただいたことへの恩返しであり、また屋根の専門家としての社会責任と考えております。

なお、2019年からドローンを使った屋根点検サービスを提供しております。

ふるさと納税返礼品の詳細

詳しくは、下記のふるさと納税サイトをご覧ください。

ふるさとチョイス お礼の品詳細

※2020年9月16日に寄付者の利便性向上の為、返礼品を一本化しました。
何度でも寄付いただけますので、葺き替え工事等の大規模リフォーム工事にもご利用いただけます。

類似返礼品との違い

当社は、修理自体がふるさと納税の対象ですので、お客様のご希望に添った修理方法や材料をご提案可能です。

他社は、特定の材料に特化しています。
その為、住宅に特定の材料が使われていない場合、対象になりません。

背景

総務省統計局(2019年4月26日)によると、2018年10月1日時点の空き家率は13.6%(846万戸)と過去最高となりました。
南丹市では、空き家バンクへの物件登録数が合計47件(2018年3月末時点)から76件(2020年3月末時点)となり、61%増となっています。
また、特定空家に代表される空き家は、所有者が住宅の破損に関心が低く、結果として屋根材が飛散することなどにより隣家に悪影響が生じています。

また、高齢の両親がお住まいの場合も、悪徳訪問販売業者による詐欺・詐欺まがい商法が増えています。
年間13,000件超の相談が国民生活センターに寄せられています。

関連記事

高齢者運転免許証自主返納支援事業協賛事業所

当社は、2020年4月10日より、京都府が推進する高齢者運転免許証自主返納支援事業協賛事業所です。
運転免許証を自主返納された65歳以上の高齢者を対象に、特典サービスを実施することで、免許証が返納されやすい環境づくりの促進に賛同しています。

屋根修理をご検討の方へ

※1 制度上、全ての返礼品を把握している自治体はございませんので、市と当社がふるさとチョイスで、当社がさとふるで「空き家・実家・修理・メンテナンス」を検索した結果です。

最終更新日:2020/09/16

関連記事一覧