日本瓦葺き替えクラウドファンディング 京町家 寺院

その他

日本瓦葺き替えクラウドファンディング 京町家 寺院

日本瓦の葺き替えの際にクラウドファンディングが利用される事例が散見されますので、ご紹介します。
※当社はこのクラウドファンディングに関して、一切関係ありません。

クラウドファンディングの例

重要文化財杉本家住宅や増上寺等があります。

4,000万円の葺替え費用と【寄付型クラウドファウンディング】に関するご説明

みなさまのおかげで約400万円のご支援を頂きました。誠にありがとうございます。
ただし、大屋根葺替え工事の費用は当財団の負担総額として4,000万円が必要となりますことから、5月31日までプロジェクトは継続しております。
また、このご寄付は税額控除の対象となります。引き続きのご支援をどうぞ宜しくお願いします

引用:THE KYOTO クラウドファンディング 杉本家住宅

「増上寺創生プロジェクト」あなたの名前を瓦にのせて、未来への祈りをつなげよう

この度、およそ6万枚の屋根瓦を、既存の土瓦に比べて、耐久性と軽量化に優れ、かつ景観を維持できるチタン瓦に葺き替える事業に着手する運びとなりました。新しい屋根瓦一枚一枚には、皆さまのお名前をのせて、末永く大殿に奉納いたします。増上寺は江戸の時代よりこの地で支えられ、これから先も皆さまの想いとともに歴史を重ねていきたく、未来の増上寺を創生していくサポーターが必要です。

引用:Makuake 増上寺創生プロジェクト

築100年の京町家、屋根瓦の損傷激しく 修繕したいがコロナ禍で経営打撃 帯メーカーがCFで費用募る

京都市上京区の西陣織の帯メーカー「帯屋捨松」は、本社社屋の京町家の修繕費用をクラウドファンディング(CF)で募っている。築100年を超えた…

引用:京都新聞

 

関連記事一覧