災害時の緊急応急処置について

ご案内, 災害

災害時の緊急応急処置について

屋根・雨漏り・ブルーシートに関する緊急応急処置方法をご説明します。
屋根の専門家として信用度の高い物を選んでおりますが、当社が以下の方法を推奨するものではありません。

可能な限り専門家の到着を待ってください。
平常時は危険ですから、絶対にやめてください。

【危険】平常時は絶対にやめてください

1mは一命いちめい取る

これは、工事現場の安全標語です。
わずか1m(4歳児の身長)の高さから転落しただけで、死亡する可能性があります。

緊急応急処置について

緊急時の応急処置として、参考になる例をまとめました。
繰り返しになりますが、当社が以下の方法を推奨するものではありません。

可能な限り専門家の到着を待ってください。
平常時は危険ですから、絶対にやめてください。

碧南窯業株式会社(メーカー)
『瓦屋根被害の初期対応について』
台風、地震時に瓦屋根が被災した場合、雨養生の応急処置としてブルーシートがかけられることが多いですが、慣れない作業で危険を伴うため、作業ははかどりません。 できれば屋根専門の業者に任せるべきではありますが、手配ができない場合で、作業者が高所作業の可能な業者で、かつ安全に十分配慮できることを前提で解説します。 PDFファイルをご参照ください。

株会社石川商店(工事店)
『被災時のブルーシートを使った屋根の応急処置の方法を屋根屋がしっかり教えます!』
応急処置とはいえ、簡単に吹っ飛ぶブルーシート工事はどうにかしなければ!と言うことで、今回はブルーシートでの屋根の応急処置方法についてしっかり解説したいと思います。

また、被災しやすい部分(棟)を“少しでも早く確実に、一定期間養生が可能な”シートが発売されています。

株式会社鶴弥 被災屋根用 棟養生シート「らく棟シート」

ご用心!! 悪質・悪徳業

悪徳業者は災害被害につけ込みます。
おかしいなと思われたら、すぐに警察等にご相談ください。

保険が適用できる場合も

保険が適用できる場合があります。
保険の申請には写真が必要です。安全に撮影できる範囲で、撮影してください。
決して屋根の上に登らないでください。

関連記事一覧