屋根の耐震・耐風性能について その1 京都の屋根の専門家

ご案内, 屋根工事, 屋根修理, 屋根リフォーム, 葺き替え, 災害, 京都,

屋根の耐震・耐風性能について その1 京都の屋根の専門家

屋根は、非常に分かりにくいものです。
まずは、よくある誤解について大まかにご説明します。

新しい日本瓦の耐震・耐風性能は高い

最新の工事方法で設置した日本瓦は、高い耐震・耐風性能を有しています。
以前はこの性能が低い場合もありましたが、新しい工事方法が開発され大幅に向上しています。

リフォームされた瓦の耐震・耐風性能は高い

古い屋根も全面リフォームを行うことで、最新の屋根と同様の性能にすることができます。
また、一部分のみの補強でも、この性能が向上します。

つまり、下記のとおりまとめることができます。

リフォーム
された屋根
新しい工事方法 古い工事方法
日本瓦 ×
日本瓦以外

当社の耐震・耐風工法について

当社では、国立研究開発法人建築研究所監修の実験データに基づいた「ガイドライン工法」(注意 PDFです。)を推奨しております。

詳細はお問い合わせください

屋根の性能は、材料の種類だけではなく複合的な条件(躯体の性能・築年数・気候条件など)が影響します。
残念ながら、一般の方では判断が難しいものです。

ご不安の場合は、下記からお問い合わせください。

お問い合わせ

更新日:2020/07/10

関連記事一覧