京都の瓦のことならお任せください 京都の瓦屋根の専門家 創業1866年

雨漏り, 屋根工事, 屋根修理, 屋根リフォーム, 葺き替え, ご案内,

京都の瓦のことならお任せください 京都の瓦屋根の専門家 創業1866年

当社は、1866年(江戸末期)に京都で創業した瓦屋根の専門家です。
日本瓦の窯元として創業し、現在では日本瓦はもちろん金属やスレート等、ほぼ全ての屋根材に対応しております。

当社のご紹介

京都で1866年(慶應2年)に、日本瓦の窯元として創業しました。その後、一般戸建て住宅の屋根工事や屋根に関する様々な工事(雨漏り修理・屋根リフォーム(葺き替え))を行っています。
近年では、JA様・警察職員福利厚生会様・寺社仏閣様・上場会社様の福利厚生にご利用いただいております。

主な提携先

JA全農(全国農業協同組合連合会)・(一財)京都府警察職員福利厚生会・(一財)京都府職員互助会・(一財)京都市職員厚生会・(一財)滋賀県教職員互助会・(一財)滋賀県退職教職員互助会・(一財)滋賀県市町村職員互助会・滋賀県職員生活協同組合・(公財) 京都中小企業振興センター・滋賀県勤労者互助会連合会・(公財)兵庫県勤労福祉協会・(株)リロクラブ・(株)ベネフィット・ワン

0120-368-369

LINE・フォームの方

平成2年には、京都府から、“100年以上にわたり京都府内において堅実に家業の理念を守り、伝統の技術や商法を継承し、他の企業の模範となってきた”として、「京の老舗」として表彰されました。

小さな工事からお任せください

小さな破損を放置し、家の骨組みまで腐ってしまうと余分な費用が必要になります。
屋根も早期発見・早期修理が重要です。

小さな修理でもお気軽にご相談ください。

瓦屋根を長持ちさせる為に

「祖父の代に修理してもらった瓦屋根を、また頼むよ。」
大変ありがたいことにこのようなご依頼を頂きます。

当社より安い瓦屋根修理業者は沢山あります。
しかし、結果的にお安くなる耐久性がある工事をお奨めしております。

耐久性の高い材料を使用することや高い技術力で工事を行うことがSDGになると考えております。

ガイドライン工法

2022年1月1日に法律が改正され、瓦屋根の工事基準が地震や台風等の自然災害に強いもの(ガイドライン工法)になります。

【ご注意】改正「後」も修理や屋根リフォームをされる方は、工事業者に「ガイドライン工法」をご指示ください。
法律上は修理や屋根リフォームの場合は改正前の古い工事基準でもよい為、地震や台風等の自然災害に弱い災害に弱い工事が行われてしまう可能性があります。

最大40万円の瓦葺き替え補助金も

京都府では、瓦屋根の葺き替え工事に補助金がご利用いただける場合があります。
自治体により補助内容が異なりますので、詳細は当社までお気軽にお問い合わせください。

まずは、専門家にご相談ください

点検・御見積もりは無料です。お気軽に当社までご相談ください。
創業150年の当社は、無理な営業も致しません。

0120-368-369

LINE・フォームの方

最終更新日:2021/03/13

関連記事一覧

Click to Hide Advanced Floating Content