屋根塗装の正しい時期

ご案内, よくあるご質問

屋根塗装の正しい時期

屋根の状況によっては、そもそも塗装が不適切な場合があります。
当記事では、屋根塗装と屋根修理の適切なタイミングについてご説明いたします。

※この写真はシングル材です。

目的は修理?見た目を良くしたい?

お客様の屋根は、市場シェアを考慮すると、おそらくカラーベストです。この前提で説明します。
詳細はメーカー見解のとおりですが、専門家向けの内容で分かりにくいですので、まとめます。

  • 塗装 ≒ お化粧 → 見た目は綺麗になりますが、病気(雨漏り等)は治りません。
  • 修理 ≒ 病院  → 高額になる場合もありますが、病気(雨漏り等)が治ります。

つまり、屋根が壊れている場合には、(塗装ではなく)修理が必要になります。

製造メーカー(ケイミュー株式会社)の見解

屋根材はメンテナンスが必要?
屋根材の性能維持のためには、定期的な「点検」と適切な「メンテナンス」が必要です。屋根材は日頃から、太陽光(紫外線)や風雨にさらされる過酷な条件下にあります。
正しい方法で「点検」&「メンテナンス」の維持管理を繰り返し行うことで、屋根材のみならず、建物自体の性能や美しさを長く保ちます。
メンテナンス(お手入れ)の詳細

屋根の修理は屋根の専門家へ

屋根が壊れている場合は、屋根の専門家にご相談ください。
塗装の専門家も屋根の専門家に似ていますが、異なります。

見分け方は、下記記事をご覧ください。

当社には、屋根の専門家と塗装の専門家が在席しておりますので、ライフプランや予算等がご希望にあったご提案が可能です。
複数の専門家の意見をもとに、様々なプラン(部分修理・カバー工法(重ね葺き)・棟包み板金の交換・特殊な塗装等)の中から最適な物をご提案いたします。

悪徳業者にご注意

残念ながら悪徳業者が多いのも事実です。
彼らは甘い言葉で近寄ってきます。
国民生活センター 訪問販売によるリフォーム工事・点検商法をご覧ください。

関連記事一覧