屋根塗装が雨漏りの原因になる可能性も 京都の屋根の専門家

雨漏り, 屋根工事, 屋根修理, 屋根リフォーム, 葺き替え, 工事, 屋根塗装, ご案内, よくあるご質問

屋根塗装が雨漏りの原因になる可能性も 京都の屋根の専門家

カラーベスト(化粧スレート)を屋根塗装すると、雨漏りする可能性があります。
「雨漏りが直らない」ではなく、健康な屋根が「雨漏りする」可能性があります。
以下で詳しくご説明します。

※この写真はシングル材です。

屋根塗装で雨漏りは直りません

そもそも屋根塗装の目的は美観の維持向上です。雨漏り修理ではありません。

屋根塗装 ≒ お化粧です。見た目は綺麗になりますが、病気(雨漏り)は治りません。
屋根が壊れている場合には、修理(皮膚科)が必要です。

最大手製造メーカーであるケイミュー株式会社の見解も同様です。

屋根材はメンテナンスが必要?
(略)経年による褪色が気になりはじめ、屋根としての美観の維持向上を図る場合は、再塗装(リペイント)を行ってください。

メンテナンス(お手入れ)の詳細
■万一、雨漏りが発生した場合…
雨漏り箇所を特定し、適切な処置を行ってください。
※雨漏りは再塗装では直りません。

屋根塗装が原因で雨漏りする場合も

屋根塗装の際に、“縁切り”作業を行わないと雨漏りしてしまいます。
(ご参考)屋根塗装時の縁切り部材「タスペーサー」HP

縁切りは手間(人件費)がかかり、また失敗しやすい工事です。
その為、屋根塗装が原因で健康だった屋根があまもりする場合があります。

数年後、再び屋根塗装が必要な場合も

理論的には屋根塗装は10年程度保つようですが、工事後数年で屋根塗装が剥がれてしまったお住まいをよく見かけます。
工事前の屋根の状況によって耐用年数が大きく変わりますので、契約前に工事業者さんと十分ご相談なさってください。

屋根の修理は屋根の専門家へ

雨漏り等の屋根が壊れている場合は、屋根の専門家にご相談ください。
塗装の専門家は屋根の専門家ではありません。

当社のご紹介

1866年(慶應2年)に、京都で日本瓦の窯元として創業しました。現在は、寺社仏閣の日本瓦はもちろん様々な新しい屋根材に対応しております。
雨漏り修理・屋根リフォーム(葺き替え)・ガイドライン工法・カバー工法・雨樋の修理・簡単な屋根修理・屋根工事・屋根塗装を行っています。

創業150年の当社は無理な営業も致しませんので、お気軽に当社までご相談ください。

主な提携先

JA全農(全国農業協同組合連合会)・(一財)京都府警察職員福利厚生会・(一財)京都府職員互助会・(一財)京都市職員厚生会・(一財)滋賀県教職員互助会・(一財)滋賀県退職教職員互助会・(一財)滋賀県市町村職員互助会・滋賀県職員生活協同組合・(公財) 京都中小企業振興センター・滋賀県勤労者互助会連合会・(公財)兵庫県勤労福祉協会・(株)リロクラブ・(株)ベネフィット・ワン

最終更新日:2021/03/24

関連記事一覧

Click to Hide Advanced Floating Content