節税 年末調整・確定申告 自然災害で屋根や住宅が破損したとき(雑損控除)

ご案内, 災害

節税 年末調整・確定申告 自然災害で屋根や住宅が破損したとき(雑損控除)

当社は南丹市・亀岡市・京都市・長岡京市・大山崎町・向日市・京丹波町を中心に、京都府全域で雨漏り修理、樋の修理、屋根工事や屋根リフォーム(葺き替え)、簡単な修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)を行っています。
今回は、地震・台風・雪害・落雷等の自然災害で屋根や住宅が破損した場合に税金が安くなるケースがありますのでご紹介します。
この制度を利用することで、修理にかかる費用のご負担を減らすことができます。

確定申告をされる方は勿論ですが、サラリーマン(給与所得者)の方も同様です。
年末調整(医療費控除・社会保険料控除・生命保険料控除・地震保険料控除・寄付金控除・扶養控除・配偶者控除・基礎控除等)と似た仕組みです。

詳しくは、下記の国税庁HPをご覧いただくか、最寄りの税務署にお尋ねください。

雑損控除 災害や盗難などで資産に損害を受けたとき

国税庁 タックスアンサー No.1110

災害(略)によって、資産について損害を受けた場合等には、一定の金額の所得控除を受けることができます。
これを雑損控除といいます。

(中略)

4 雑損控除の金額

次の二つのうちいずれか多い方の金額です。

  1. (1) (差引損失額)-(総所得金額等)×10%
  2. (2) (差引損失額のうち災害関連支出の金額)-5万円

関連記事 『火災保険が適用される雨漏り・屋根修理』

更新日:2020/05/08

関連記事一覧