【国土交通省 引用】グリーン住宅ポイント制度 屋根瓦の飛散防止 テレワークや感染症予防に対応した追加工事

  • HOME
  • ニュース
  • 【国土交通省 引用】グリーン住宅ポイント制度 屋根瓦の飛散防止 テレワークや感染症予防に対応した追加工事

【国土交通省 引用】グリーン住宅ポイント制度 屋根瓦の飛散防止 テレワークや感染症予防に対応した追加工事

2021年度も、空き家バンク登録住宅や東京圏から移住するための住宅を購入する場合やリフォーム等に対してポイントを付与する「グリーン住宅ポイント制度」が実施される見込みです。
高い省エネ性能を有する住宅を、防災(水害・台風)対策として屋根瓦の飛散防止等を行う工事が対象になる見込みです。

国土交通省HPより引用

グリーン住宅ポイント制度の準備を本格化します!

令和3年1月28日

~今後のスケジュール、追加工事の例、空き家バンク一覧を公表します~
~ポイント発行対象となる建材・設備の募集を開始します~

本日、令和2年度第3次補正予算が成立したことを踏まえ、グリーン住宅ポイント制度」について、今後のスケジュール発行されたポイントの交換対象となる追加工事の例本制度の対象となる空き家バンクの一覧を公表するとともに、ポイントの発行対象となる建材・設備の募集を開始します。

1 概要
本日、令和2年度第3次補正予算が成立したことを踏まえ、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やリフォーム等に対して、商品や追加工事と交換できるポイントを付与する「グリーン住宅ポイント制度(別紙1参照)」について、ポイント発行申請の受付の開始に向けた準備を本格化します。
具体的には、今後のスケジュール、発行されたポイントの交換対象となる追加工事の例、本制度の対象となる空き家バンクの一覧を公表し、リフォーム工事においてポイントの発行対象となる建材・設備の募集を開始します。

2 今後のスケジュール(予定)
ポイント発行の対象となる建材・設備の募集開始      本日~
事務局ホームページの開設                令和3年2月中旬
ポイントの交換対象となる商品の提供事業者の募集開始   令和3年2月中旬~
ポイント発行の対象となる建材・設備の公開        令和3年3月上旬
ポイント交換の対象となる商品の公開           令和3年3月下旬
ポイント発行申請の受付                 令和3年4月~遅くとも令和3年10月末
ポイントの追加工事への交換申請の受付          令和3年4月~遅くとも令和3年10月末
ポイントの商品への交換申請の受付            令和3年6月~令和4年1月15日
                            ※予算の執行状況に応じて公表します

3 発行されたポイントの交換対象となる追加工事の例
発行されたポイントの交換対象となる「新たな日常」に資する追加工事、防災に資する追加工事の例は別紙2のとおりです((別紙1)「3 ポイントの交換対象商品等」参照)。

4 本制度の対象となる空き家バンクの一覧
本制度の対象となる空き家バンクの一覧を公表します。詳細は国土交通省のホームページよりご確認ください((別紙1)「2 ポイントの発行」既存住宅の購入➀空き家バンク登録住宅参照)。

5 リフォーム工事においてポイントの発行対象となる建材・設備の募集
リフォームの対象建材・設備の募集を開始します。詳細は国土交通省のホームページより「対象建材・設備に関する登録及び運用マニュアル」をご確認ください((別紙1)「2 ポイントの発行」住宅のリフォームの対象工事等参照)。
<問い合わせ先> グリーン住宅ポイント事務局 メール:kenzai@greenpt.jp

国土交通省ホームページはこちら

添付資料

報道発表資料(PDF形式)
別紙1(PDF形式)
別紙2(PDF形式)

お問い合わせ先
国土交通省住宅局住宅生産課
TEL:(03)5253-8111 (内線39428、39471)

グリーン住宅ポイント制度の概要

1 制度の目的・概要

高い省エネ性能を有する住宅を取得する者等に対して、商品や追加工事と交換できるポイントを発行することにより、グリーン社会の実現および地域における民需主導の好循環の実現等に資する住宅投資を喚起し、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図る。

ポイントの発行
  • 空き家バンク登録住宅 30万Pt/戸
  • 東京圏から移住※1するための住宅 30万Pt/戸
  • 住宅のリフォーム(持家・賃貸)上限30万Pt/戸
    対象工事例:耐震改修 15万Pt/戸