こどもの日 屋根より高い こいのぼり

その他

屋根より高い鯉のぼり

5月5日はこどもの日ですね。
コロナウイルスの影響で本来ならば外で元気に遊びたい子供達も、“ステイホーム”を合い言葉に外出自粛を余儀なくされております。五月晴れの中、外出できずエネルギーが有り余っている子供達の分まで鯉のぼりがパワフルに快晴の空を泳いでいます。

こどもの日と言えば童謡の“こいのぼり”が頭に浮かびます。
“こいのぼり”は「屋根より高い鯉のぼり~♪」という歌詞ですが、ゴールデンウィークにご自宅でお過ごしの今こそ、屋根に目を向けられてみてはいかがでしょうか。
弊社HPに屋根の不具合のチェックリストがありますので、よろしければご参考にしてください。

五月晴れの紫外線

屋根は雨の日も風の日も嵐の日も、家の安全を守ってくれている盾のような存在です。特に今の季節は強い紫外線にさらされています。
意外に思うお客様もおられるかもしれませんが、実は屋根も紫外線に影響を受けてしまいます。本日は、屋根材料別に紫外線への強さをご紹介します。

日本瓦

表面が特殊加工(釉薬や薫化)されていますので、ほとんど劣化しません。
信楽焼の狸の置物と同じです。

金属屋根

昔は錆びや色落ちしやすいものが多かったですが、最近は穴あき25年保証が付いたものがあります。

スレート

メーカーHPでは、一部商品が“色あせの原因となる紫外線エネルギーを上回る力で分子と分子が強固に結合した無機系塗膜「グラッサコート」。有機系の塗膜に比べて色変化が目立ちません。”とされていますが、詳細は不明です。

アスファルトシングル

日本での採用実績が少なく(主に海外で使用されており)、判断が難しい屋根材料です。

関連記事一覧