屋根修理や雨漏り修理で出たゴミは、自分で捨てていいの? 産廃・産業廃棄物

雨漏り, ご案内, よくあるご質問, 屋根工事, 屋根修理, 屋根リフォーム, 葺き替え, 工事, 雨樋(あまどい),

屋根修理や雨漏り修理で出たゴミは、自分で捨てていいの? 産廃・産業廃棄物

「屋根修理や雨漏り修理で出たゴミをゴミの日に出したら、その分安くなるの?」「自宅の庭で使いたいんだけど?」
よくこのようなご相談をいただきます。

当記事ではこの点についてご説明します。

ご自分で捨てる≒不法投棄

専門業者に修理工事を依頼された場合、ご自身で捨てると多くの場合不法投棄=犯罪になってしまいます。
絶対にお止めください。
ご自身の私有地に置くことすら不法投棄になってしまう場合があります。
日本瓦はもちろん、スレート・アスファルトシングル等の新しい屋根材料も同様です。

法律(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)により、工事で発生したゴミ(廃棄物)の処分方法が定められています。
この法律は、瓦1枚の交換からトラック数台分のゴミが出る全面交換工事(葺き替え)まで適用されます。
主な罰則としては、「5年以下の懲役若しくは3億円の罰金またはこの併科」です。

現実的な問題として、ゴミが数千kgを超える場合がよくありますので、体力的にも難しいでしょう。

DIYで出たゴミについて

DIYで出たゴミは、市町村のゴミの日に出せる場合が多いようです。
市町村によって取扱が異なりますので、お住まいの市町村にご確認ください。

しかし、DIYは非常に危険です。
死亡事故になる場合もありますので、絶対にお止めください。

リサイクルできるの?

残念ながら、屋根の上に再設置することは難しいです。
しかし、当社は産業廃棄物処理に関する許可を持っておりますので、適正に分別し、専門業者にリサイクルを委託し、その完了まで責任を持って管理します。

金属屋根は下取りできます

鉄クズや空き缶をリサイクル業者に買い取っていただけるように、屋根や雨樋等の金属製品は販売できます。
当社は、その販売価格を工事代金からお値引きしております。
(御見積書上は、ゴミ処分費と相殺しております。)

ゴミがほとんど出ない工事方法も!

屋根カバー工法というゴミがほとんど出ない工事方法があります。
詳しくは下記にまとめておりますので、ご覧ください。

当社のご紹介

1866年(慶應2年)に瓦の窯元として創業し、現在は屋根工事の専門家としてJA様・警察職員福利厚生会様・県職員福利厚生会様・寺社仏閣様・上場会社の福利厚生にご採用いただいております。
雨漏り修理・屋根リフォーム(葺き替え)・カバー工法・雨樋の修理・簡単な屋根修理・屋根工事・屋根塗装を行っています。

屋根の修理・リフォームをご検討中の方へ

ご提案・御見積もりは無料です。お気軽に当社までご相談ください。
創業150年の当社は、無理な営業も致しません。

更新日:2021/01/08

関連記事一覧