屋根修理に足場は必要? 費用の計算方法等

ご案内, よくあるご質問, 屋根工事, 屋根修理, 屋根リフォーム, 葺き替え, 工事, 屋根塗装, 京都, その他

屋根修理に足場は必要? 費用の計算方法等

屋根修理には、ほぼ必ず足場が必要になります。工事が終わると無くなるものですのでもったいないような気がしますが、高所作業を行う上では、法律上設置しなければならないものです。

この記事では、その理由と費用の計算方法について解説します。

屋根修理での足場の必要性

法律では、高さが2m以上の箇所で屋根修理を行う場合には、足場を設置しなければならないと定めています。
その為、ほぼ全ての屋根修理には足場が必要になります。

これは車のシートベルトと同じく、高所で作業する職人の安全を確保する為に定められています。

労働安全衛生規則 (作業床の設置等)第五百十八条
事業者は、高さが二メートル以上の箇所(作業床の端、開口部等を除く。)で作業を行なう場合において墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、足場を組み立てる等の方法によ り作業床を設けなければならない。
2 事業者は、前項の規定により作業床を設けることが困難なときは、防網を張り、労働者に要求性能墜 落制止用器具を使用させる等墜落による労働者の危険を防止するための措置を講じなければならない。

高所作業車で工事できないの?

高所作業車を使用する場合、足場は不要です。
費用が安い(数万円~/日)為、部分的な屋根修理で使用する場合があります。
しかし、残念ながら、駐車スペースが無い・結果的に足場の方が安価になる等の理由から、ほとんどの場合は足場を設置します。

出展:株式会社アイチコーポレーション 株式会社アイチコーポレーション

お客様への足場のメリット

職人が安心な環境で屋根修理に専念できるようになることで、仕上がりがより綺麗になります。また、作業効率が向上することで、工事費の削減にも繋がります。

また、ホコリや騒音を防止することで、ご近所へのご迷惑を軽減することにもなります。

足場費用の計算方法

足場費用は、基本的には「㎡単価×設置面積」で求めます。
設置面積は、「(家の外周+8m)×高さ」で求めます。なお、家の壁から少し離して設置しますので、「+8m」とします。

屋根が急勾配の場合は、屋根の上にも足場を設置します。

当社のご紹介

1866年(慶應2年)に創業し、屋根の専門家としてJA様・公務員福利厚生団体様・寺社仏閣様にご利用いただいております。
京都全域で雨漏り修理・屋根リフォーム(葺き替え)・カバー工法・雨樋の修理・簡単な屋根修理・屋根工事・屋根塗装を行っています。防災・耐震・耐風工法に対応しております。

関連記事一覧